社内のコミュニケーションツールとして社内SNSを導入するメリット

メールや電話の代わりに社内でSNS

多くの人がそれぞれの役割を持って社内で仕事を進めていく為に社内で素早くコミュニケーションを取る手段は必要不可欠です。電話やメールを使っている会社も多いですが、社内SNSをコミュニケーションツールとして導入すると電話やメール以上に効率的にコミュニケーションを図れます。

社内SNSを導入するメリットとは

社内SNSはメールと比べて社内共有がしやすいメリットがあります。グループを作成してそこに連絡を受け取るメンバーが参加する事で自動的に参加者全員が内容を知る事ができます。さらに既読人数がわかるので、全員が目を通したか確認する事ができます。社内SNSはスマートフォンやタブレットなど持ち運びがしやすい端末からでも閲覧する事が可能です。持ち運びがしやすいスマートフォンやタブレットを出先で使う社員にも連絡が伝わるので、社外に出ている人とのコミュニケーションも取りやすくなります。社内でメールを使っていると社外から来る重要なメールが埋もれてしまって見落としの原因になります。社内のコミュニケーションツールをSNSにする事で社内と社外でツールを分けられるので、重要な社外からの連絡の見落としを防げます。またSNSはメールよりもメッセージを送るまでの工数を削減しているので、連絡を取る作業が簡潔化されて効率が良くなります。社内SNSでは過去の連絡の記録や配布した資料のデータを保存して共有するシステムがあります。これによって情報の蓄積と共有が簡単に社内で行えます。

社内SNSとは、会社内の人材同士がスムーズな連絡を取るために、個人向けSNSの機能を会社内専用としてカスタマイズしたSNSのことです。

Back to Top