どんなものを保管できるの?できるものとできないものを区別しよう!!

倉庫にはどんなものを保管できるか

一戸建ての住宅はそれなりに部屋数もあります。収納もあるでしょう。でも気を付けていないとどんどんものがふえてきて、居住スペースに物があふれだします。捨てられればいいですが、必要なものなら捨てられません。この時には自宅に倉庫の設置を考えてみましょう。庭にスペースがあれば、それに合わせたものが利用できます。ではどんなものが置けるかですが、屋外でも使えるものが多くなりそうです。アウトドア用品、タイヤ、園芸用品などです。その他災害時に使えるものなども置けます。室内にあって居住スペースを占領してきたときは、庭にスペースを作れば居住空間を増やせます。外部のトランクルームを利用するのとどちらがいいかを比較してもいいでしょう。

倉庫は湿度や温度の管理ができない

自宅内に荷物が多くなったとき、庭にスペースがあるなら倉庫を設置して置くようにしてみましょう。しかし注意も必要です。自宅内はそれなりに空調管理をしているはずです。人が快適であるだけでなく、いろいろなものにも都合がいい環境になっています。一方で空調管理のしていない倉庫となると自宅の中とは大きく環境が変わります。保管できる状態でない可能性もあります。倉庫で保管するのに適さないものとして、衣類や本などがあります。衣類などは虫がつきやすくなりますし、本なども紙を使っているので腐食しやすくなります。簡単にカビなどが生えてしまいます。基本的には食品なども保管できません。ただし、非常食など温度変化に強いものなら一時的に保管できます。

時間に関係なく物流の仕事はあります。特に、集配やトラックでの運搬などが代表例です。商品や荷物を待つ消費者のもとへ、届けられるのです。

Back to Top