コストを気にせず社員教育!定額制の研修のメリットやデメリット

定額制社員研修とは?

定額制社員研修とは名前の通り、定額で利用できる社員研修を指しています。通常社員研修とは必要になった際にその都度研修を行ってくれる業者に料金を支払うシステムになっているのですが、定額制にすることによって定期的に研修を開催できるのと同時に一律の金額のみを支払えるようになるのでコスト削減につながると言われています。

定額制社員研修のメリット

まずメリットとして挙げられているのが、社員が現状や興味などに応じて積極的に参加できるような制度であるというところです。これは研修内容がこれまでの人事主導の固い内容のものばかりではなく、社員の要望に応じて柔軟に対応できるようになっているところがポイントとされています。またグループ討論が一般的なスタイルなので異業種との交流がしやすく、福利厚生制度を利用して受講しやすい環境を整えているところなども評価が高くなっています。ほかにもリーダークラスの体系化に効果的である点や、何よりも費用が安いのでコスト削減につながるところなどが注目されているようです。

デメリットにも着目しよう

逆にデメリットとして挙げられている点としては、受講する人とそうではない人で偏りが出やすいところにあります。これは企業の工夫次第で参加者を増やしたり、参加した研修内容を社員全員で閲覧できるようにして興味を持たせるなどの対策で改善できるポイントです。また公開講座としていろいろな種類の研修をしているのですが、講座レベルによっては受講者のレベルとのギャップがあってなかなか成果につながらないというデメリットもあると言います。

社員教育はとても時間がかかるものです。会社の理念からテクニックに至るまで数カ月でマスターできる人は一部の天才を除いてそうはいません。

Back to Top