リースを使うと本体を買う必要がない

法人でパソコンを使うときには結構な台数が必要です。大きな会社だとお金があるので社員分を簡単に揃える事ができます。小さな会社だとお金も少なく社員分を揃えるためにはコストが掛かりすぎるため購入するのはあまりおすすめできないです。

こういうときに役立つサービスがパソコンのリースサービスといえるでしょう。専用のリース会社を利用するとパソコン本体とIT機器のレンタルを利用できます。都合に合わせて利用できるのでお金をかけたくないときに重宝するのが特徴です。状況に応じてオフィスで使用するソフトもつけてもらうことが可能となっています。

デスクトップパソコン本体やノートパソコン、ワークステーションが選べるのがメリットです。またタブレットレンタルにも対応するので使い勝手が良いといえます。会社でサーバーを使いたいときにはサーバーのレンタルもあるので必見です。

データ管理をする事ができるクラウドサービスも利用できます。

導入までの流れを紹介

実際にリースを利用するときは業者に依頼をして出荷前のキッティングやクローニング、OSアプリケーションのインストールをします。個別に設定を行い納品場所まで届けてくれるので便利です。現地にスタッフが駆けつけてその場で設置やインテグレーション作業をしてくれます。必要な環境を構築してくれるためスムーズに仕事ができるようになるでしょう。

導入後はカスタマーサービスによるサポートや故障時の対応を行ってくれます。

BTOパソコンは、予算や使い方に合わせたパソコンを受注生産するものです。市販のパソコンを購入するよりも自由度が高く、自分好みのパソコンを手に入れることができます。

Back to Top