そもそも適性検査とは?

採用活動などで実施される適性検査にはいろいろなタイプのものがありますが、筆記試験で国語や数学、一般常識などの知識を問う問題と、性格の傾向などを判断するための問題を組み合わせて出題されることが一般的です。

知識を問う問題では、専門分野以外でも企業の一員となって働く社会人として必要な教養や判断力、思考力があるかどうかをチェックし、性格の傾向を見る問題では、性質や人柄などとともに企業の社風や業務内容とマッチしているかなどを見極めます。

一般常識問題は幅広い知識を問われる

知識を問う問題は事前の勉強で点数を上げることが可能なので、受ける側は周到に準備をすることが大切です。採用する側は点数によって、上位の人が能力のある人、あるいは努力をした人と判断することができます。

適性検査で職業のミスマッチを防ぐ

性格を推し量る問題については、通常事前の準備はしないほうがよいとされています。良い人に捉えられるような答えを書こうとしても、自分の本心でない方向の答えを選んでしまうと、多角的な設問の答えに整合性がなくなってしまうことあるからです。正直に感じたままに記入することが大切です。ただ、採用されるためのテストと考えると、明らかに自分の欠点と思う点を強調するような答えを選ぶことはないとも言えます。

採用する側は、客観的なデータによって人物を判断できるというメリットがあります。面接などでは見るによって、人物に対する印象が変わってしまうということがありますが、適性検査では統計に基づいて公平に比較することができます。過去の採用者の傾向なども含めて、企業や仕事にあっているかを判断する参考にできます。

適性検査は、就職試験などで行われる選考過程のひとつです。この検査により、職業などに対する基礎的能力を持っているか判断できます。

Back to Top