青色申告と白色申告の違い

青色申告とは白色申告のように簡単に申告できるものではなく、日々の取引を記録した複雑な帳簿の作成が必要な税務申告の方法です。白色申告と違って青色申告で税務申告する時は事前に申請が必要なので、税務署に所得税の青色申告承認申請書を提出しておく必要があります。この申請を忘れているとその年は青色申告で税務申告する事はできません

。申請書の提出期限はその年に新しく開業した場合で1月15日までの開業ならば3月15日までに提出して1月16日以降に開業の場合は開業から2か月以内に提出しないとその年の確定申告が青色申告で行えません。元々開業されて事業を運営してる場合は一律で3月15日までに申請を出す事になっています。

青色申告は白色申告よりも確定申告の時に手間はかかりますが、白色申告では受けられない控除などの特典が受けられるので大きなメリットがあります。

青色申告をする事で得られるメリット

白色申告から青色申告にする事で青色申告特別控除を受ける事ができます。この控除によって受けられる控除額は最大で65万円で、この控除は白色申告では一切受けられません。

事業を行う上で発生した純損失も3年まで繰り越しができるので、利益から過去三年の損失を差し引く事が可能になります。売掛金や貸付金が何らかの理由で貸し倒れになって回収できなかった時は年末に残っている売掛金や貸付金などの売掛債権、金銭債権に対して5.5%の額を貸倒引当金繰入として必要経費に計上することができます。また家族や親族を従業員として雇用していて給与を払った場合も経費として計上できます。

青色申告をする際の控除額は10万円控除と65万円控除の2種類あります。更に、10万円控除は簡易帳簿と現金簡易の2種類があります。

Back to Top