競争力強化のためのM&A

M&Aは、merger & acquisitionの略称で、合併と買収という意味です。複数の企業がひとつの組織にまとまったり、企業が行っていた事業のひとつを他の企業に売り渡したりする行為を差します。M&Aが行われる理由はいくつかありますが、主な理由は「競争力の強化」です。新規事業を検討する場合、基礎から研究・開発を始めると時間も予算もかかります。そこで手早く着実に新しいノウハウを手に入れるため、すでに事業化している企業を丸ごと(またはその事業だけ)買収するのです。また、海外に進出したい場合も現地の商習慣を学ぶ手間を抑えるために現地企業を買収する例があります。たとえ予算が豊富だとしても企業全体や事業を買収するのは簡単ではないため、経営者の間でじっくりと話し合いを重ねるのが通例です。話し合いの結果、M&Aが成立しないこともあります。

中小企業におけるM&A

競争力強化のためのM&Aは、大企業が中心となって行われるのが一般的です。中小企業におけるM&Aは、少し内情が異なります。競争力強化のために行われることもありますが、組織を維持するために行われるM&Aもあります。中小企業の場合、後継者問題を抱えていることが少なくありません。創業者が長く経営を続けて高齢になったとき、次期社長の候補がいない場合があります。親族をふくむ従業員の誰かに継がせたいとしても、社長が務まる人材は簡単には育ちません。そこで、M&Aによって他の企業とまとまることで組織(雇用)を維持しようとするのです。

端的に言うと企業の合併や買収のことです。日本で多いのは中小企業の後継者問題でM&Aが良く用いられます。

Back to Top